アイメディカルの超音波治療器「ミオピア」の視力回復システムをご案内します。

ホーム > 視力低下を招く原因

視力低下を招く原因

現代人は目を酷使することが多く、ITがまだ発展していない時と比べると、視力低下が増加しています。
視力低下はパソコンの画面を長時間見続ける、暗い部屋でテレビを見る以外にも、視力低下を招く原因がいくつかあります。こちらでは視力低下を招く原因について説明しています。

目の筋肉に負担を掛け過ぎている

視力低下は目の筋肉である毛様体筋や虹彩筋、外眼筋の3つを酷使していることが原因とされています。
毛様体筋には遠近の調整を行うための筋肉であり、近くの物を見続けていると毛様体筋と外眼筋が硬化し、緩めることができなくなってしまいます。
また暗い部屋で明るい画面を見ていると、目は明るい状態と暗い状態どちらにピントを調整していいのか混乱してしまい、筋肉の硬化や緩和を繰り返します。そうなると虹彩筋に負担が掛かり視力低下を招きます。姿勢が悪い方の場合は近くで物を見ることが多いので、視力低下を引き起こしやすくなります。

目に十分な酸素が行き届いていない

人間にとって酸素は重要な役割を持っています。酸素は血液によって送られますが、血管が何らかの原因で血流が滞っていると酸素を十分に循環させることができなくなります。酸素が不足すると目の筋肉にも酸素が行き届かなくなってしまい、結果として視力低下に繋がります。
血管の異常はほとんどが生活習慣の影響となっているので、栄養バランスの良い食事を摂取して適度に運動をするように意識することが重要になります。

休息時間が短い

深夜遅くまでパソコン作業をされていると、それだけ目に負担を掛けていることになります。
また次の日も朝早くから仕事となれば目はまだ疲れている状態なので、そういった習慣が続いていると目の疲労が溜まり、視力低下に繋がります。予防するためにしっかり休息を取ることが重要になります。
パソコン作業を長時間される方はこまめに休息を入れるようにすると良いです。

視力低下はこのような原因で引き起こされますが、どの原因も生活習慣を見直すだけで視力低下の対策となりますので、日頃から悪い姿勢で近くの物を見続けている方や、食生活や運動不足な方は注意する必要があります。

視力低下を防止するために、アイメディカルでは自宅にて簡単に視力回復が可能な製品を取り扱っています。1日1回だけ10分間まぶたの上から当てるだけで超音波マッサージを行ってくれる製品となっており、目の筋肉をマッサージして和らげてくれます。視力低下にお悩みの方はぜひ一度お試しください。

無料体験
資料請求
ミオピアの歴史
お客様の声
良くあるご質問
店舗一覧