アイメディカルの超音波治療器「ミオピア」の視力回復システムをご案内します。

ホーム > 目の休ませ方とマッサージ方法

目の休ませ方とマッサージ方法

視力が悪くなっている方や近視でお悩みの方は、様々な方法で視力アップを行っていますが、実際に効果が現れているのか分からない方も多いです。視力アップを図りたいと考えているのであれば、使いすぎた目を休ませる方法を学ぶことも大切です。休ませる方法を学ぶことで視力低下にも繋がりますし、トレーニングも同時に行うことで視力アップも可能になります。

近くの物を長時間見続けた時の休ませ方

目が疲れている時は「なるべく遠くを見るようにすると良い」と多くの方が聞いたことがあると思いますが、どういった原理で良いとされているか分からない方は多いです。目は近くの物を見ていると目の筋肉が緊張した状態になり水晶体を膨らませています。この状態が続いていると目には負担となり、視力低下を招いてしまいます。逆に遠くを見ることで目の筋肉が緩みリラックスした状態になり、水晶体が薄くなります。目はこういった動作を行っているため、休ませる際は適度に遠くを見るようにすると良いです。

目の周りを冷やす時と温める時のタイミング

一般的に目の周りは温めると良いと考えている方が多いですが、集中して物を見る時は逆に冷やすことが良いとされています。目は集中すると細胞を活発にして通常よりも目に血液を送ります。
血液が多量に送られると血管が広がり、充血や痛みを引き起こす原因にもなります。
血管を収縮させるためには、目の周りを冷えたタオルなどで目を覆うことで、症状を軽減させることができます。温める時は就寝前などに行うことで血行を良くして目の疲れを解消することができます。
冷やすにしても温めるにしてもタイミングを考えて行うことで、目をリラックスさせることができます。

目の周りをマッサージする

目の周りには様々な筋肉があり、人の体の中で最も動いている部分です。緊張を和らげるためにも目の周りをマッサージすると良いです。やり方としては、目のくぼみや目の上と下を痛くない程度に押さえると緊張を和らげてくれます。目の周り以外にも首を回し、ツボを刺激するのもおすすめです。

上記の方法を習慣化することで、目の疲れを解消することができますし、視力アップや視力低下にも繋がります。効率的に視力アップをしたい方はアイメディカルのミオピアをご活用ください。
超音波によるマッサージで目の筋肉を和らげてくれます。使用方法も簡単で、まぶたの上から機器を当てるだけですので、子供やお年寄りの方にもご使用いただけますし、口コミでも人気の製品となっていますので、視力アップをお考えの方におすすめの製品となっています。

無料体験
資料請求
お客様の声
良くあるご質問
店舗一覧