アイメディカルの超音波治療器「ミオピア」の視力回復システムをご案内します。

ホーム > 眼精疲労が引き起こす症状

眼精疲労が引き起こす症状

目の疲れが酷くなると、何かを見るだけで痛みが出る眼精疲労に悩まされている方は多いです。
というのも現代は目を酷使することが多く、デスクワークをされている方であれば1日中パソコンの画面と向き合うことになりますし、自宅に帰宅されてもテレビやスマートフォンといった画面を長時間見る機会があります。そういった生活をしていると眼精疲労は避けることが難しくなります。

眼精疲労の症状

眼精疲労は疲れ目と違い、1日休んでも症状が回復しないことがほとんどです。
症状としては目の疲れから痛み、充血や霞んで見えるなどの症状があります。眼精疲労の原因としては主に目の使いすぎが挙げられます。その他にも目に病気を患っている場合も眼精疲労を引き起こす原因ともなっています。近視や乱視の方は物を見ようとして目を凝らして見るため、目が疲れやすくなり結果として眼精疲労となりますし、白内障を患っている方も同様に視力が低下しているため、眼精疲労を起こしやすいとも言われています。

体の様々な部分に痛みが出る

目が疲れていると症状は体の様々な部分にも表れてきます。代表的な症状としては肩こりや頭痛などがあります。パソコン作業など同じ姿勢で長時間座っていると、肩の筋肉に疲労物質が溜まり、肩こりを引き起こしてしまいます。また視力が弱い方はパソコンの画面を見るために、頭を突き出して見る傾向がありますが、その姿勢で長時間見続けている場合も肩に負担となってしまいます。肩こりが悪化してくると頭痛を引き起こしますし、慢性的な頭痛ともなってしまうと体がだるくなり、吐き気やめまいといった症状も引き起こす原因にもなります。

精神面にも影響が出る

眼精疲労になると肩こりや頭痛といった症状が出ることを述べましたが、こういった症状は精神面にも大きな影響を与えてしまいます。頭痛が慢性的になるとリラックスすることもできませんし、快適な睡眠を得ることが難しくなります。不眠ともなってしまうと、イライラの原因にもなりますし、うつ病に近い症状が出る場合も考えられます。眼精疲労対策としては、目の疲れを感じた時にはしっかり休ませることが重要になります。また解消する機器などを活用することもおすすめです。

アイメディカルでは目の疲れを解消してくれる器具を販売しております。超音波マッサージによる解消法となっており、微弱の超音波を目に当てることで目の周りにある筋肉にマイクロマッサージを行います。このマッサージにより目の疲れを解消するのは勿論、使い続けることで視力の回復が期待できます。
日頃から目を使う方はぜひご利用ください。

無料体験
資料請求
お客様の声
良くあるご質問
店舗一覧