アイメディカルの超音波治療器「ミオピア」の視力回復システムをご案内します。

ホーム > コンタクトレンズのリスク

コンタクトレンズのリスク

眼鏡とは違い、コンタクトレンズは目に直接装着して矯正します。そのため、視野が広くなって眼鏡よりも自然な形の見え方が実現できます。また、最近では遠近両用のコンタクトレンズも普及しており、近視の方だけでなく老眼の方もコンタクトレンズを使用するケースが増えました。コンタクトレンズはとても便利になりましたが、反対にリスクも伴います。

角膜を傷つけることがある

目にとって、コンタクトレンズは異物になります。異物を目の中に入れることになりますので、間違った使い方をしてしまうと、目の健康に影響を及ぼしてしまうのです。通常、コンタクトレンズは眼球の表面部分の角膜に接触します。

角膜の細胞が生きるためには、涙の層から運ばれる酸素が必要になりますが、コンタクトレンズはこの経路を邪魔してしまい、次第に酸素不足に陥り角膜に傷がつきやすくなってしまうのです。
その状態で、コンタクトの入れ外しを毎日行っていると、角膜に傷がついてしまう可能性が高くなります。

角膜内皮細胞の減少に影響

角膜内皮細胞は、角膜の無色透明を維持するために必要な細胞です。
しかし、この細胞は年齢とともに減少し、増えることはありません。そして、コンタクトレンズで角膜が傷つくなどの様々なトラブルが起こると、角膜内皮細胞はさらに減少してしまいます。
角膜内皮細胞が減少すると、角膜が弱くなってしまい、視力障害を引き起こすことがあります。

コンタクトレンズが使えない人もいる

コンタクトレンズは、本来気軽に購入できるものではありません。眼科医の判断のもと使う医療機器であり、結膜炎や重度のドライアイ、角膜知覚過敏などの目にトラブルを抱えている人は使うことができません。また、目の形は人それぞれに異なっているため、コンタクトの規格サイズに合うものがなければ使用することができません。

「眼鏡の煩わしさから解放されたい」と思っていても、皆が皆コンタクトレンズを使えるわけではないのです。このように、コンタクトレンズは目に負担を掛けてしまう恐れもあり、希望すれば必ず使えるというわけでもありません。また、自然な見え方が実現できるとしてレーシックによる視力治療も期待されていますが、費用も掛かりますし手術後の合併症なども心配です。

「眼鏡を外して生活したい」という願いをお持ちであれば、アイメディカルの超音波治療器「ミオピア」をぜひお試しください。子供から大人の方までお使いいただけて、どなたでも簡単に視力回復トレーニングができますし、手術で視力治療をするよりも安全です。無料体験もできますので、お気軽にお問い合わせください。

無料体験
資料請求
お客様の声
良くあるご質問
店舗一覧