アイメディカルの超音波治療器「ミオピア」の視力回復システムをご案内します。

ホーム > 子供の視力低下を防ぐためには

子供の視力低下を防ぐためには

子供の強度近視が増えている

現代人が抱える目の病気で多いのは近視ですが、近年は特に子供の視力低下が進んでいます。
視力低下の主な原因として、パソコンやスマートフォン、ゲームのやり過ぎといった生活習慣が大きく影響しています。私たち人間の視力は、生まれたときから完成された状態ではありません。
子供の頃はまだ不安定な状態で、大きくなるにつれてどんどん発達していきます。
そのため、子供のときに目を酷使してしまうと、大人よりも簡単に視力低下が進んでしまうのです。

大人が気をつけてあげる

子供の頃は眼球や周辺の筋肉が成長する時期であり、この時期の視力低下は大きくなったときの視力に大きな影響を及ぼしてしまいます。そのため、早めに対策をとって極度の視力低下を防がなくてはなりません。しかし、子供だけで気をつけるというのは難しいものです。将来の視力についてあまり深刻には考えられませんし、ゲームやパソコンに熱中してしまうと何時間も続けてしまいます。

また、子供は自分の視力の変化に中々気づきにくいものですので、大人が子供の視力の変化に気を配り、目を守ることの大切さを教えてあげることが重要になります。

視力低下を防ぐためには

子供の視力低下を防止するためには、なるべくパソコンやスマートフォンなどの目を酷使するものに触れる時間を少なくすることが大切です。使うのならば短時間で切り上げるように約束し、途中で休憩を入れて目を休ませてあげるのがベストになります。

そして、なるべく外で遊ぶようにすることをおすすめします。野球やサッカーなどのボールを使うスポーツは、目でボールを追いながら行うので、動体視力が発達するといわれています。
また、遠くを見たり視野の広い環境で遊んだりすることは、視力低下の予防に繋がります。

アイメディカルでは、凝り固まった目の筋肉をマッサージする製品を取り扱っております。
微弱で優しい超音波でマッサージするものになりますが、使い方も簡単で6歳以上の子供からでも一人で使用可能です。お子さんの視力低下にお悩みなら、ぜひお試しください。

無料体験
資料請求
お客様の声
良くあるご質問
店舗一覧