アイメディカルの超音波治療器「ミオピア」の視力回復システムをご案内します。

ホーム > パソコンから目を守ろう

パソコンから目を守ろう

日夜長時間にわたって、パソコンに向かい仕事や作業をしていると、目の疲れを感じてしまいます。
目の疲れを感じたとき、回復するまで作業が中断できればいいですが、そうはいかない場合が多いと思います。こちらでは、そんなパソコンによる目の疲れを軽減する対策をご紹介します。

画面の明るさを調整する

画面のバックライトが明るいほど目が疲れやすくなりますので、画面の明るさを少し落とすだけでも、目の負担は軽くなります。画面の明るさは、設置環境に合わせて調整する必要があります。
パソコン周辺の環境と同じ明るさにするか、白い紙と画面を並べて紙と同じ明るさになるように調整していくといいでしょう。特に、紙と画面を見比べて作業をする場合、紙の明るさと画面の明るさにギャップがあると目が疲れやすくなります。なるべく同じような明るさにすることで、目の負担が軽減されるでしょう。

パソコン用のメガネを使う

パソコンの画面からは、ブルーライトが発せられています。このブルーライトのエネルギーは高く、網膜に達すると、目の疲れや乾きなどを引き起こすといわれています。近年販売されているパソコン用メガネは、ブルーライトを大幅にカットしてくれるものですので、仕事中やパソコン作業をしている間だけでもパソコン用のメガネを使うと、目の疲れが軽くなるでしょう。

姿勢を正す

パソコンと向かい合っていると、次第に前かがみになり姿勢が悪くなってしまいます。
悪い姿勢が目の疲れを引き起こしていることもありますので、背筋を伸ばして深く椅子に腰かけ、意識的に姿勢を正すようにしましょう。また、画面の一番上と目の高さが同じぐらいになるように画面の高さを調整すると、首の負担が減ります。

疲れ目解消機器を使う

そして、疲れ目を解消する機器などを試してみるのも一つの対策です。アイメディカルで取り扱っている超音波治療器「ミオピア」は、まぶたの上から当てるだけで簡単に目のマッサージができます。
1日1回10分だけの使用でいいので、休憩時間内で利用できます。中々改善できない目の疲れを感じているなら、試してみてはいかがでしょう。

無料体験
資料請求
ミオピアの歴史
お客様の声
良くあるご質問
店舗一覧