アイメディカルの超音波治療器「ミオピア」の視力回復システムをご案内します。

ホーム > ミオピアの紹介 > ミオピアの歴史

会社概要

視力の悩みに応えて45年ーフタワソニックからミオピアへー
1962年 第16回日本臨床眼科学会で著名な眼科医を中心としたグループが眼科用手持超音波治療器を発表
1964年 ニューヨークで開催された第1回国際近視学会で発表、それまでは薬物療法中心だった近視治療に画期的な方法として迎えられる
1969年
(昭和44年3月)
厚生省より医療用具製造承認を取得。 44B第40号
1985年 医家向け治療器フタワソニックは家庭用としても使用の許可を得る
2002年 昭和44年以来の医療用具製造承認を持つアイトピア(販売元アイメディカル株式会社)より承認を株式会社エンシンに譲渡する承継手続き完了
エンシンは子会社である製造元を有限会社五光、販売元を株式会社プリンスに移管
医療機器承認番号 14400BZZ00040000 (原承認44B第40号を表示方法変換)
2003年 新たなフランチャイズ加盟店募集開始
日経新聞主催フランチャイズショーに出展

長年使用してきた「フタワソニック」からもっと親しみやすく、名前で愛される治療器に改名することにし「ミオピア」に変更し、44年来の「フタワソニック」製造を中止
2009年
(平成21年2月)
名古屋市立大学岡嶋研究室のIGF-1研究に協力
2009年
(平成21年5月)
使いやすさを求め、従来の問題点を改良しフルモデルチェンジを行う
これに伴い旧型ミオピアの製造を中止
新しくなったミオピア

毎日使うものだから、お客様のご意見のもと、この形になりました

新しくなったミオピア

無料体験
資料請求
ミオピアの歴史
お客様の声
良くあるご質問
店舗一覧